喪主が知るべき一般葬と家族葬の違い

喪主が知るべき一般葬と家族葬の違い 最近よく聞く家族葬ですが、一般葬とどのように違うのでしょうか。まずはその違いを理解していないと喪主として葬儀後に後悔してしまうことになります。対応の仕方によっては周囲の人とのトラブルの原因になったりするため、どのような葬儀を行うかは違いやスタイルを十分検討してから決めることが大切です。家族葬は、ご家族の方と親しい友人とで行うごく少人数で行う葬儀です。ご近所の方や遠い親戚の参列をお断りして自由なスタイルで故人の思いなども反映することができるので、最近は増加傾向にあります。

一般のご葬儀では、参列した方々にご挨拶などをすることに追われ、特に喪主の方は段取りよくするために雑務に追われるなどして、ゆっくりと故人とお別れする時間がとれないことがあります。その点、家族葬の場合は少人数で気心の知れた方ばかりのため、参列した方全員がゆっくりと故人とお別れをする時間がとれるのです。現在では家族葬が増えているため、様々なスタイルに対応している葬儀社が数多くあります。故人の好きだったご家庭のお料理を持ち込み、故人の方と最後にご一緒にお食事する方もいます。また、故人の方の趣味の手作りの作品などを並べる方もいます。さらには、葬儀社ではなくレストランやホテルなどで行うことも可能になっています。

一般的には家族葬は費用を抑えることができると考えられています。しかし、一般葬よりも香典が少なかったり、亡くなったことを知ってあとからお悔やみにいらっしゃる方などもいて、思ったよりも費用がかかることもあります。また、葬儀後に亡くなったことを親族などに知らせることで、「葬儀に参列したかったのになぜ知らせてくれなかったんだ」などと、トラブルの原因になることもあります。故人が希望したことであることや、家族葬を行ったことに関しては納得していただけるようにきちんと説明しなければなりません。

家族葬にすることで葬儀そのものは簡略化できるかもしれませんが、葬儀後親族や、ご近所の方へ個々にお知らせするなどの対応が思ったより大変で、一般葬にしてすべて一度に終わらせてしまった方が良かったというケースもあります。また家族葬と密葬は違います。通夜と告別式をご家族やごく親しい友人で行う、という点は同じですが、密葬の場合は、その後で改めて一般の人に参列していただく本葬を行います。このあたりを勘違いされている人も多く、今後のお付き合いに影響する場合などあるので、十分に考慮する必要があります。

最新ニュース